<<BACK TOP 

NEC PC-LL5503D 電源入らない

今回のパソコンは NEC PC-LL5503Dの電源が入らないという症状です。
分解してマザーボードを確認したが、特に異常が見当たらない。
おかしいなぁと思いながらもマザーボード以外の部分も念のため確認。
いろいろ確認していくと、USBポートのところで んっ? USBポートの奥を確認してみると内部のパーツが歪んでいてポート内に接触しているようだ。
もしかしてっ! 予想は当たっていた、USBポート内に金属パーツが接触してショートしていました。
歪みを修正してから起動は問題なくできました。
ノートにマウスをつけたら電源が入らなくなったとの事でしたので、納得の原因でした。


|http://aquatech-web.com/cp-bin/blogn/index.php?e=105|
パソコン修理関係|comments (x)|trackback (x)|

DELL Inspiron1300 OS起動しない

本日はDELL Inspiron1300です。OSが起動しなくなったと言うことで、持ち込みされました。
電源を入れてみると「ご迷惑をおかけしております・・・」というメッセージで止まる。
ハードディスクのチェックを行ったが問題ないようだ。修復で対応できそうだったが、お客様の希望でデータを取り出し後リカバリーすることとなった。
早速リカバリーを行い、OFFICEをインストール んっ ドライブが読み込まない。
BIOSでは認識しているが、ピックアップが故障しているようだ。
相談の結果、ドライブを交換して作業を続行 パソコンの修理は完了。


|http://aquatech-web.com/cp-bin/blogn/index.php?e=104|
パソコン修理関係|comments (x)|trackback (x)|

apple ibook G4ノートパソコンが水濡れて起動しない

今日は新潟からのパソコンが届いた。
話によると新潟中越地震の際に、パソコンが浸水して起動しなくなりそのままにしてたとの事。
パソコンの外側からみると特に問題はなさそうでしたが、キーボードを外すと裏側に浸水の痕跡がありました。
どうやら左側3分の1位を軽く浸水したようだ、ロジックボードの表も裏も白く酸化したところが多々見られました。
かなり経っているので、これはダメかもと思ったが早くかかるに越したことはないので、早速ロジックボードを流水にて念入りに洗い、酸化した部分も念入りに落とした。
このまま電源を入れるとアウトなので、隅々までしっかり乾燥させた。

パソコンを組上げ、電源を投入。はっ入ったぁ? 電源が入りパソコンが無事に起動。
なかなかの生命力のパソコンです。
が キーボードは反応なし、キーボードは相談して中古と交換し無事完了
諦めなければなんとかなるものですねぇ。


|http://aquatech-web.com/cp-bin/blogn/index.php?e=103|
パソコン修理関係|comments (x)|trackback (x)|

東芝 dynabook EX/522CME3 ハードディスク交換 データ復旧

ある貿易会社の使用する東芝 dynabook EX/522CME3というノートパソコンが送られてきた。
突然パソコンが起動しなくなったようだが、どうしてもデータがほしいとの事。
電源を入れてBIOSでハードディスクを確認したが、認識はされているようだ。
早速 ハードディスクのクローンを作成し、復旧専用のPCにて復旧作業開始。
全てのセクターを読み取るのに6時間程、復旧に2時間弱かかりましたが、必要なデータは何とか取り出し成功。
ハードディスク交換・リカバリー・初期設定等の作業は3時間程で完了。
復旧したデータを新しいハードディスクへ戻して先ほど完了しました。
データ復旧に比べればハードディスク交換修理は楽なものですね。
今日(昨日?)も良くがんばりましたが、もう朝が近いので寝ることにします。


|http://aquatech-web.com/cp-bin/blogn/index.php?e=102|
-|comments (x)|trackback (x)|

東芝 dynabook EX/522CME3 ハードディスク交換 データ復旧

ある貿易会社の使用する東芝 dynabook EX/522CME3というノートパソコンが送られてきた。
突然パソコンが起動しなくなったようだが、どうしてもデータがほしいとの事。
電源を入れてBIOSでハードディスクを確認したが、認識はされているようだ。
早速 ハードディスクのクローンを作成し、復旧専用のPCにて復旧作業開始。
全てのセクターを読み取るのに6時間程、復旧に2時間弱かかりましたが、必要なデータは何とか取り出し成功。
ハードディスク交換・リカバリー・初期設定等の作業は3時間程で完了。
復旧したデータを新しいハードディスクへ戻して先ほど完了しました。
データ復旧に比べればハードディスク交換修理は楽なものですね。
今日(昨日?)も良くがんばりましたが、もう朝が近いので寝ることにします。


|http://aquatech-web.com/cp-bin/blogn/index.php?e=101|
-|comments (x)|trackback (x)|

ソーテック WinBook WA2200C5ノートパソコンの電源が落ちる

使用中30分位で電源が落ちる症状で、ソーテックのWinBook WA2200C5というノートパソコンが送られてきた。
電源を入れて少し負荷をかける作業を行ってみた。
CPUの温度が結構上昇してきたが、ファンが回らない。
さらに5分くらいたったところで電源が切れた、どうやらCPUファンの問題のようだ。
分解してみるとホコリと何やら粘質の物が混ざったようなものが所々にこびりついている。
よく見るとCPUファンのあたりにもその物質が付着している。
エアーを吹き付けてファンの回り具合を確認したが、エアーが止まると回転も直ぐに止まる状態。
粘質の物質によって回転に抵抗が発生しているようなので、CPUファンの分解清掃と注油を行ってみた。
組み立てて電源オン! 10分位経過したところで異音が発生。CPUファンは何とか回りだしたようだが、変りに異音のおまけが付いてきた。
仕方なくもう一度分解、さらに念入りに清掃し、さらに注油も念入りに行った。
再トライ!若干ノイズが発生しているが、正常なファンより少し音が大きい程度でファンは正常に動作しました。
お客様と相談し、この状態でいいとの事で修理完了。
CPUファンってなかなか合うパーツが手に入らないから動いてくれると助かりますね。


|http://aquatech-web.com/cp-bin/blogn/index.php?e=100|
パソコン修理関係|comments (x)|trackback (x)|

COMPAQ Presario3900 コンデンサー交換

今日はCOMPAQ Presario3900というデスクトップパソコンのコンデンサ交換限定の修理です。
お客様も色々調べたらしく、コンデンサが怪しいとの事でコンデンサ交換のみ希望という珍しいケース。
送られてきたパソコンを早速拝見すると、CPU周りのコンデンサがほぼ全て液漏れ状態でした。
なるほど、これではまともに動作するわけがないですね。
同型のコンデンサを全て交換、ついでに内部のホコリをきれいにお掃除して作業完了。
動作はまずまずのようですが、かなり古いパソコンなので朝方まで放置して様子を見ようと思います。


|http://aquatech-web.com/cp-bin/blogn/index.php?e=99|
パソコン修理関係|comments (x)|trackback (x)|

パソコン選びの豆知識

このブログを読んで頂いている方の殆どはパソコンをお持ちかと思いますが、みなさんはパソコンを買うとき何を基準に選ばれたでしょうか。



人によって趣味・趣向・優先される物が違うので一概には言えませんが、一般的にパソコンを購入する際の目安となるちょっとした豆知識を記載させていただきます。



最近のパソコンは様々な形や個性を持ったものが多く、色々と迷ってしまいがちですが、家電量販店などにパソコンを買いに行くとまず聞かれるのが、どのような用途に使うのか、またどのような場所で使うのかなどでしょう。



そのような条件にあったもので、最良の物を提供してくれるとありがたいのですが、必ずしもそうでない場合も少なくないようです。



では、どうやってパソコンを選べばいいの?というと、やはり自分である程度の予備知識を蓄え、そのうえで店員さんなどの話も加味して選ぶのが良いかと考えます。



まず、パソコンは大きく分けてノートパソコン・一体型パソコン・セパレート型のデスクトップパソコンとなります。

細かくしていくともっと種類は分かれていきますが、上記の3種類を基準にお話しさせていただきます。



ノートパソコンもデスクトップパソコンも同じパソコンではありますが、それぞれ良い点・悪い点があります。



まず値段ですが、昔はデスクトップ型のパソコンより、ノートパソコンの方が高価でしたが、今はどちらかというとノートパソコンの方が安いものが多いです。

値段重視の方はご注意ください。



次にパソコンの大きさですが、ノートパソコンが一番場所をとらないと考える方も多いですが、実は最近の一体型パソコン(ボートPC)はノートパソコンよりも実際の奥行きは小さいものもたくさんあります。

ほとんどの場合は、キーボードはパソコン本体の下へ滑り込ませることができるようになっているようです、ノートパソコンはそう言う訳にはいきません。

奥行きが少ない場合は、要検討ですね。



ではセパレート型のデスクトップパソコンはどうなのかと言うと、やはりかなりスペースをとります。

(縦にも横にも)

ただ、パソコンを購入してから色々と機能を拡張したい方の場合はこちらの方がベストですね。

たとえば、TVチューナーを追加したりする場合も比較的容易に拡張できます。



なら、性能はどれが一番なのでしょうか?

これも個体差がありますので、一概には言えませんが同じ値段の物ならセパレート型のデスクトップパソコンが相対的に高い性能を持ったものが多いです。



カタログを見ると色々と性能表示がされていて、CPUやメモリ・ハードディスクの容量・ビデオカード(ビデオチップ)の種類や数値などを見て比較検討される方も少なくないと思いますが、ノートパソコンとデスクトップパソコンでは、同じような性能に見えてもデスクトップパソコンの方が快適に動作します。

ここでは詳しく記載できませんが、放熱性や内部スペース等の理由によるところも大きいです。

パソコンでテレビを見たい方はデスクトップパソコンで性能がある程度高いものをお勧めします。

ノートパソコンではかなり厳しいです。



あと、使っている際の音の大きさですが、一体型(ボードPC)≦ノートパソコン<セパレート型パソコンといったところでしょうか。



電力消費では ノートパソコン<一体型(ボードPC)<セパレート型パソコン



まだまだ色々比較するところはありますが、この辺にさせていただきます。



ご参考まで・・・


|http://aquatech-web.com/cp-bin/blogn/index.php?e=98|
-|comments (x)|trackback (x)|

Windowsパソコンの動作が遅い原因と対処法

今回はみなさんが日頃お困りのパソコンの動作が遅いという症状をテーマに一例とその対処法を記載させていただきます。



パソコンの動作が遅い(遅くなる)原因は様々ですが、1番の原因として考えられるのがパソコンのメインソフトとなるOS(ここではwindows)の重さ(プログラムの処理の複雑さ)に対してメモリ不足になっている場合ではないでしょうか。



メモリというのはパソコンの中ではいわば処理するべきデータの一時保管場所兼、作業場所のようなもので、この場所が小さいとCPUという頭脳がいくら処理が速くてもCPUへスムーズにデータを受け渡し出来ない為、結果的に動作が遅くなります。



特にWindows Vista以前のパソコンはメモリ不足となっているものが多いです。

Vistaならメモリは最低でも2GB欲を言えばそれ以上・XPなら1GBほしいところです。



メモリは家電量販店でもパソコンの型番を伝えれば、それに合うものを購入できますし、お店によっては店頭でメモリの増設作業もやっている場合もあります。

一度ご相談ください。



次の原因としては、「常駐ソフト・サービスプログラムが多すぎて遅い」ではないでしょうか。



常駐ソフトはほとんどの場合、画面の右下に小さなアイコンのようにたくさん並んでいます。

この並んでいる常駐ソフトのうち確実に使用しないソフトがあれば、ソフトを削除(アンインストール)することにより、常駐解除となります。



例)Yahooかんたん設定・Yahooヴィジェット等・・・・



また、スタートアップという起動時に自動的に常駐させるための場所に登録されているものを削除することによっても常駐を解除できるものもあります。

スタートメニューを押して、プログラムメニューを表示させると一覧の中にスタートアップという項目がありますので、そこにマウスポインタを合わせるとその横に登録されているプログラムが表示されます。

確実に使用していないと解るものがあれば、削除してください。





その他にもWindowsに最初から登録されているスタートアップ時のサービスプログラムを停止することによってもかなりの動作改善がありますが、これはパソコン初心者の方にはあまりお勧めできません。

場合によっては必要なプログラムまで停止してしまい、パソコンの動作が変わってしまったり、不具合が発生したりする原因にもなります。



XPのスタートアッププログラム停止方法の一例

スタート→ファイル名を指定して実行をクリック→msconfigと入力してEnterキーを押す。

小さな四角い画面が現れますので、その画面上部にあるスタートアップというタブをクリックし、一覧にある項目の中で、確実に使用しないとわかっている物のチェックを外し、OKボタンを押して画面を閉じ、再起動します。

再起動後、長細い画面が表示されますが、画面内のチェックボックスにチェックをいれ、OKを押してください。



詳しくは下記を参考にしてください。(自己責任ですが・・・)



http://www.a-windows.com/windowsxp/msconfig.html



ここに記載させていただいたものはほんの一例ですが、ご参考まで・・・


|http://aquatech-web.com/cp-bin/blogn/index.php?e=97|
-|comments (x)|trackback (x)|

ノートPCのバッテリーの寿命とメンテについて

ブログお久しぶりとなります、かなりサボっておりました。
すみません・・・

今回はノートパソコンのバッテリーについて少し書かせていただきたいと思います。

最近はウルトラブックとか言う起動が早くバッテリーも9時間前後使用可能なモデルも多くなってきましたが、その反面家庭内で使用するような一般的なノートパソコンのバッテリーは以前より容量が小さなものが搭載されたものが多いように思います。

おそらくですが、自宅で使用するノートパソコンの場合、バッテリーで使用する方の割合が非常にすくなく、知らぬうちではありますが、早期にバッテリーが寿命を迎えてしまうというもったいない状況の場合が多いからではないかと思います。

ではなぜ使ってもいないバッテリーの寿命が早期にやってくるのかと言うと、理由はさまざまありますが、原因の大半はバッテリーを装着したままAC電源で使用する環境が原因と考えます。

ならそれがどうして寿命に影響するのか疑問に思われる方も多いと思いますが、実はバッテリーにはそれぞれ充電と放電が出来る回数が有る程度決まっているのです。
ノートパソコンに装着したままAC電源で使用しているような場合、バッテリーには勝手に充電が始まっており、AC電源を抜いてノートパソコンを放置しているだけで勝手に放電も行われています。
この充放電の繰り返しもそうですが、バッテリーの特性からして、バッテリーの電気を使いきらない状態で、充電を繰り返すと満充電後のバッテリー使用時間も少なくなってきます。
これが日常繰り返されることにより、場合によっては一度も使われないまま寿命を終えてしまう事が多いのです。

また、過充電状態(充電時間が長すぎる)場合もバッテリーに内臓されているヒューズのようなものが切れ、バッテリー自体が完全に使えなくなる場合さえあります。

では、どうすればバッテリーを長く使う事ができるのでしょうか?
以下に例を記載させていただきます。

上記に書いた事を見ていただければなんとなくわかるかもしれませんが、

・ノートパソコンのバッテリーは使わない場合は装着しっぱなしにしない事

・バッテリーを装着したまま長時間(約8時間以上)充電を行わない事

・バッテリーを外して保管する場合は、満充電状態で保管しない事(半分程度でよい)
 また、なるべく風通しの良い涼しい場所で保管する。

・たまにはバッテリーを使用して電気をある程度使いきってあげる事(最近のノートパソコンは充電が少なくなると、勝手に休止状態へ移行するものがほとんどです)

・過放電(完放電)状態で長期に放置しない事(2〜3カ月に1回程度は充電してあげてください)

上記は一例ではありますが、これを行う事により、バッテリーの寿命は少なからず延びると思います。

バッテリーは買い替えると2万から3万円くらいすることも多いので、ご注意くださいね。

ご参考まで・・・


|http://aquatech-web.com/cp-bin/blogn/index.php?e=96|
-|comments (x)|trackback (x)|