TOP 

ノートPCのバッテリーの寿命とメンテについて

ブログお久しぶりとなります、かなりサボっておりました。
すみません・・・

今回はノートパソコンのバッテリーについて少し書かせていただきたいと思います。

最近はウルトラブックとか言う起動が早くバッテリーも9時間前後使用可能なモデルも多くなってきましたが、その反面家庭内で使用するような一般的なノートパソコンのバッテリーは以前より容量が小さなものが搭載されたものが多いように思います。

おそらくですが、自宅で使用するノートパソコンの場合、バッテリーで使用する方の割合が非常にすくなく、知らぬうちではありますが、早期にバッテリーが寿命を迎えてしまうというもったいない状況の場合が多いからではないかと思います。

ではなぜ使ってもいないバッテリーの寿命が早期にやってくるのかと言うと、理由はさまざまありますが、原因の大半はバッテリーを装着したままAC電源で使用する環境が原因と考えます。

ならそれがどうして寿命に影響するのか疑問に思われる方も多いと思いますが、実はバッテリーにはそれぞれ充電と放電が出来る回数が有る程度決まっているのです。
ノートパソコンに装着したままAC電源で使用しているような場合、バッテリーには勝手に充電が始まっており、AC電源を抜いてノートパソコンを放置しているだけで勝手に放電も行われています。
この充放電の繰り返しもそうですが、バッテリーの特性からして、バッテリーの電気を使いきらない状態で、充電を繰り返すと満充電後のバッテリー使用時間も少なくなってきます。
これが日常繰り返されることにより、場合によっては一度も使われないまま寿命を終えてしまう事が多いのです。

また、過充電状態(充電時間が長すぎる)場合もバッテリーに内臓されているヒューズのようなものが切れ、バッテリー自体が完全に使えなくなる場合さえあります。

では、どうすればバッテリーを長く使う事ができるのでしょうか?
以下に例を記載させていただきます。

上記に書いた事を見ていただければなんとなくわかるかもしれませんが、

・ノートパソコンのバッテリーは使わない場合は装着しっぱなしにしない事

・バッテリーを装着したまま長時間(約8時間以上)充電を行わない事

・バッテリーを外して保管する場合は、満充電状態で保管しない事(半分程度でよい)
 また、なるべく風通しの良い涼しい場所で保管する。

・たまにはバッテリーを使用して電気をある程度使いきってあげる事(最近のノートパソコンは充電が少なくなると、勝手に休止状態へ移行するものがほとんどです)

・過放電(完放電)状態で長期に放置しない事(2〜3カ月に1回程度は充電してあげてください)

上記は一例ではありますが、これを行う事により、バッテリーの寿命は少なからず延びると思います。

バッテリーは買い替えると2万から3万円くらいすることも多いので、ご注意くださいね。

ご参考まで・・・


|http://aquatech-web.com/cp-bin/blogn/index.php?e=96|
-|comments (x)|trackback (x)|