TOP 

パソコン選びの豆知識

このブログを読んで頂いている方の殆どはパソコンをお持ちかと思いますが、みなさんはパソコンを買うとき何を基準に選ばれたでしょうか。



人によって趣味・趣向・優先される物が違うので一概には言えませんが、一般的にパソコンを購入する際の目安となるちょっとした豆知識を記載させていただきます。



最近のパソコンは様々な形や個性を持ったものが多く、色々と迷ってしまいがちですが、家電量販店などにパソコンを買いに行くとまず聞かれるのが、どのような用途に使うのか、またどのような場所で使うのかなどでしょう。



そのような条件にあったもので、最良の物を提供してくれるとありがたいのですが、必ずしもそうでない場合も少なくないようです。



では、どうやってパソコンを選べばいいの?というと、やはり自分である程度の予備知識を蓄え、そのうえで店員さんなどの話も加味して選ぶのが良いかと考えます。



まず、パソコンは大きく分けてノートパソコン・一体型パソコン・セパレート型のデスクトップパソコンとなります。

細かくしていくともっと種類は分かれていきますが、上記の3種類を基準にお話しさせていただきます。



ノートパソコンもデスクトップパソコンも同じパソコンではありますが、それぞれ良い点・悪い点があります。



まず値段ですが、昔はデスクトップ型のパソコンより、ノートパソコンの方が高価でしたが、今はどちらかというとノートパソコンの方が安いものが多いです。

値段重視の方はご注意ください。



次にパソコンの大きさですが、ノートパソコンが一番場所をとらないと考える方も多いですが、実は最近の一体型パソコン(ボートPC)はノートパソコンよりも実際の奥行きは小さいものもたくさんあります。

ほとんどの場合は、キーボードはパソコン本体の下へ滑り込ませることができるようになっているようです、ノートパソコンはそう言う訳にはいきません。

奥行きが少ない場合は、要検討ですね。



ではセパレート型のデスクトップパソコンはどうなのかと言うと、やはりかなりスペースをとります。

(縦にも横にも)

ただ、パソコンを購入してから色々と機能を拡張したい方の場合はこちらの方がベストですね。

たとえば、TVチューナーを追加したりする場合も比較的容易に拡張できます。



なら、性能はどれが一番なのでしょうか?

これも個体差がありますので、一概には言えませんが同じ値段の物ならセパレート型のデスクトップパソコンが相対的に高い性能を持ったものが多いです。



カタログを見ると色々と性能表示がされていて、CPUやメモリ・ハードディスクの容量・ビデオカード(ビデオチップ)の種類や数値などを見て比較検討される方も少なくないと思いますが、ノートパソコンとデスクトップパソコンでは、同じような性能に見えてもデスクトップパソコンの方が快適に動作します。

ここでは詳しく記載できませんが、放熱性や内部スペース等の理由によるところも大きいです。

パソコンでテレビを見たい方はデスクトップパソコンで性能がある程度高いものをお勧めします。

ノートパソコンではかなり厳しいです。



あと、使っている際の音の大きさですが、一体型(ボードPC)≦ノートパソコン<セパレート型パソコンといったところでしょうか。



電力消費では ノートパソコン<一体型(ボードPC)<セパレート型パソコン



まだまだ色々比較するところはありますが、この辺にさせていただきます。



ご参考まで・・・


|http://aquatech-web.com/cp-bin/blogn/index.php?e=98|
-|comments (x)|trackback (x)|

Windowsパソコンの動作が遅い原因と対処法

今回はみなさんが日頃お困りのパソコンの動作が遅いという症状をテーマに一例とその対処法を記載させていただきます。



パソコンの動作が遅い(遅くなる)原因は様々ですが、1番の原因として考えられるのがパソコンのメインソフトとなるOS(ここではwindows)の重さ(プログラムの処理の複雑さ)に対してメモリ不足になっている場合ではないでしょうか。



メモリというのはパソコンの中ではいわば処理するべきデータの一時保管場所兼、作業場所のようなもので、この場所が小さいとCPUという頭脳がいくら処理が速くてもCPUへスムーズにデータを受け渡し出来ない為、結果的に動作が遅くなります。



特にWindows Vista以前のパソコンはメモリ不足となっているものが多いです。

Vistaならメモリは最低でも2GB欲を言えばそれ以上・XPなら1GBほしいところです。



メモリは家電量販店でもパソコンの型番を伝えれば、それに合うものを購入できますし、お店によっては店頭でメモリの増設作業もやっている場合もあります。

一度ご相談ください。



次の原因としては、「常駐ソフト・サービスプログラムが多すぎて遅い」ではないでしょうか。



常駐ソフトはほとんどの場合、画面の右下に小さなアイコンのようにたくさん並んでいます。

この並んでいる常駐ソフトのうち確実に使用しないソフトがあれば、ソフトを削除(アンインストール)することにより、常駐解除となります。



例)Yahooかんたん設定・Yahooヴィジェット等・・・・



また、スタートアップという起動時に自動的に常駐させるための場所に登録されているものを削除することによっても常駐を解除できるものもあります。

スタートメニューを押して、プログラムメニューを表示させると一覧の中にスタートアップという項目がありますので、そこにマウスポインタを合わせるとその横に登録されているプログラムが表示されます。

確実に使用していないと解るものがあれば、削除してください。





その他にもWindowsに最初から登録されているスタートアップ時のサービスプログラムを停止することによってもかなりの動作改善がありますが、これはパソコン初心者の方にはあまりお勧めできません。

場合によっては必要なプログラムまで停止してしまい、パソコンの動作が変わってしまったり、不具合が発生したりする原因にもなります。



XPのスタートアッププログラム停止方法の一例

スタート→ファイル名を指定して実行をクリック→msconfigと入力してEnterキーを押す。

小さな四角い画面が現れますので、その画面上部にあるスタートアップというタブをクリックし、一覧にある項目の中で、確実に使用しないとわかっている物のチェックを外し、OKボタンを押して画面を閉じ、再起動します。

再起動後、長細い画面が表示されますが、画面内のチェックボックスにチェックをいれ、OKを押してください。



詳しくは下記を参考にしてください。(自己責任ですが・・・)



http://www.a-windows.com/windowsxp/msconfig.html



ここに記載させていただいたものはほんの一例ですが、ご参考まで・・・


|http://aquatech-web.com/cp-bin/blogn/index.php?e=97|
-|comments (x)|trackback (x)|